山陰と民窯とおしゃべり 1

京都駅から汽車に乗る。のほうが音がいいのだけど実際に乗ったのは新幹線で、岡山で特急やくもに乗り換え、出雲市駅で特急まつかぜの自由席に乗り島根県石見の波子(はし)という駅についた。(約5時間!!) 1軒目の訪問先になる宮内窯まで、そこらへんの…

2009年5月の日記(mixi...より)

ある写真家と写真集について Robert Frank "The Americans" http://images.google.com/images?hl=ja&lr=&oe=UTF-8&num=50&q=robert+frank+the+americans&um=1&ie=UTF-8&ei=yGQBSuwiiI7oA-DjlKQG&sa=X&oi=image_result_group&resnum=1&ct=title GW中に2度…

本日休商

家で仕事しつつ人のブログなどを徘徊する。いままで楽しく読ませてもらっていたブログが非公開になっていて大丈夫?と思ったがなぞなぞに答えたら無事みれた。人間だから感情の波はあるし、季節でも変わる。人間ほど矛盾した言動をする生き物ってほんと他に…

20151212 まっすぐな質問

きょうは一日中、本とあれこれの片づけをしていた。ダラダラとしなければ数時間で終わる仕事量なのですけど。とちゅうLINEで話していたらどんな本があるかきかれたのでこの写真を送った。 つづけて「2004年6月のコレクターズには何が書いてあるの?」と言わ…

20150814 贈る

『イワナの夏』を読んだこともあって、渓流と緑を味わいたいと強く思っている。そして一時期、狂ったように毛針を買い集めていた父親に「読んだことあるかもしれないけど、イワナの夏が面白いよ」と送り、翌日返ってきたのが以下のメールだった。 やはり親子…

20150429 レコード✕GW

卒業旅行は大学4年、3月の後半にひとりでNYへ行った。East Villageで日本人が経営するユースホステルみたいなところで7日くらい過ごした。中庭が鳩の糞とファストフードの包装紙のゴミでいっぱいで、シャワーがたまに水になる安宿だった。一人で行ったのは、…

20150322 2006年のヴェンダース

​ mixiの日記をみていたら新文芸座のオールナイトに登場したW・ヴェンダース監督について書いてあったので載せてみます。 --------------------------- WIM WENDERS監督の舞台挨拶とオールナイトいきました@新文芸坐 http://www…

20150222 夜更かし

本を片づけていて『細雪』の下巻を読む。東京にいるときに読んでもピンとこないあれこれが関西に来て読んでみると、とても近い気がしてあの分家の3人の姉妹が嵐山の渡月橋の向こうからまたは阪急の向かいの座席にいるように思えてくる。ちょうど雪子が公家…

20150221 石庭

思い立って竜安寺へむかう。休みの日は午前中の早い時間に家事を終わらせるのが目標。嵐山経由で嵐電でゆく。4年ぶりなのかな、そのとき一緒だったひとが今はいないのと、みんな誰かと来ているので少し切ない感じになった。境内の池は「おしどり池」なんて呼…

20150218 そこにはそこの

レコードをみにいったら、Vashti Bunyanのアルバムが再発されてた。オアシスもWEEZERもあった。そういうの多いね、最近。セブンイレブンでスタカンか流れてるのと、松屋でソフトロックの普通になさそうな音源(Mutual Understandingとか)が流れててはっとす…

20150203 私淑

し‐しゅく【私淑】 [名](スル)《「孟子」離婁下の「子は私(ひそ)かにこれを人よりうけて淑(よし)とするなり」から》直接に教えは受けないが、ひそかにその人を師と考えて尊敬し、模範として学ぶこと。「―する小説家」 良い言葉だよなと思った。音楽とか映…

20150201 映画の日

といってもなにもみてない。 京都シネマ行こうとしたけど時間あわず。 100円の恋みたかったな。 河原町ジュンク堂⇨錦(漬物)⇨スタバ のいつものコースで帰宅。いい本が買えた。 ゆっくり本を読む時間が幸せ。

20150131 20/20

メガネ屋のせがれの視力がすこぶる良かったり豆腐屋の娘が大豆アレルギーだったり 八百屋の娘がサラダを食べられなかったり ぼくのまわりでは、そういうことがよくある。 さいきん買い物にいくと 良さについて語れるひとって、ホント一握りなのだな 心の底か…

20150130 高槻市の夜

いろいろあって摂津富田から出勤。そういや、さいきん読みなおしてて面白かったのはこの本。 <a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4105063219/" data-mce-href="http://www.amazon.co.jp/dp/4105063219/">Amazon.co.jp: 父と息子のフィルム・クラブ: デヴィッド ギルモア, David Gilmour, 高見 浩: 本</a> Amazon.co.jp: 父と息子のフィルム・クラブ: デヴィッド ギルモ…

20150127 頒布

朝から雨。傘無しで濡れた。もしも娘ができたら「ビニール傘を使う男はやめとけ」というと思う。予報もみないで計画性がないから。ぼくのことです。4年使ってるお気に入りの傘はあるけど、要修理。所長から所員に約四千円の資格問題集が配られる。無言のプ…

20150125 散歩

いきなり日記をここでつけることにした。イン・セクツという雑誌と荒川洋治さんの『日記をつける』に触れたから。mixiのころはよく書いていたけれど、いまはあまり意義を感じない。それでもつけよう。 今日は苔寺と鈴虫寺まで歩いた。片道30分もかかっていな…

SPEAKEASY

アメリカの友人に好きな映画をきくと 『ロスト・イン・トランスレーション』だという。 外国人であれが好きな人って案外多い気がする。 数年日本に住んでいた彼からすると 言いたいこと、気持の伝わらなさっていうのに とてもシンクロした部分があったらしい…

ルッキング・グラス

ひさしぶりに書く。 もし、外国のひとに日本の”宗教”を紹介するとしたら? 今なら迷わず新渡戸稲造の『武士道』をすすめたい。 正直なところ、先日までこの本をを読んだことがなかった。 「武士」という言葉にまつわる、ステレオタイプな あれこれが、肉襦袢…

もう10年前の話だから

けっこうくだけた酒の席(仕事)で The Temptations - Aint Too Proud To Beg がかかった。 けっこう飲んでいて、エラいひとも 帰った後でもあり、鼻歌でふふふ~んと やっていたら、隣席の協力会社のひとから 「こういうの好きなんですか?」ときかれた。正…

mori wa ikiteiru

夕方おおきな地震があって、混乱に乗じて, 金曜の会社を出て高円寺。 ペンギンハウスでmori wa ikiteiruのライブを初めて観た。 森は生きている - 日々の泡沫 事前にわかっていた情報は、雑多な音楽性を うまく消化して曲を作っているということと このブロ…

cero 入曽 

狭山市に近い工業団地のどまんなか、 ゆらゆらと灰色の煙を出し続ける ニチバン工場の奥に、高校サッカー部の グラウンドがあった。藪か林か、 丘か尾根道か、とにかく切り開いて 作ったのが一目でわかるグラウンド。 飯能の市街地にある校舎から自転車で25…

マイ・バック・ページ

あの時代の渦中にいたものには怖しくて 見ることができません。たぶん、 いたたまれなくなると思います。 あの時、新聞記事で学生運動に のめり込むなんて馬鹿な記者だ、 と感じたことを覚えています。 映画はどうなのかな。君は見ますか? 去年だったか川…

にじむ

なんか頭が痛いと思いながらも これに 頑張っていってきた。Sakerock 、キセル、ユアソンのまえに 帰ってしまったけど・・。 SUNレコードの映画(キャデラック・レコード)とか 永遠のモータウンにあるように 音楽レーベルって外から見ると華やかで、中の人…