20150130 高槻市の夜

いろいろあって摂津富田から出勤。
そういや、さいきん読みなおしてて面白かったのはこの本。


Amazon.co.jp: 父と息子のフィルム・クラブ: デヴィッド ギルモア, David Gilmour, 高見 浩: 本

 よく「人生の殆どは~から教わった」っていうのがあるけど、それを
真面目にやった本。親父が小説家だから誇張してたり、うそくさ!と
思う部分もあるけど羨ましかった。 

 これは映画になりそうな感じがする。
トリュフォーが作る側から映画愛をみせたのとは逆の、受け手側での
映画愛+父子関係の成長譚になるからわかりやすいだろうな。